ようこそ!さかもと小児クリニックへ〈 小児科/アレルギー科・tel/045-540-1023 〉

花粉症 (アレルギー性鼻炎)

アレルギー性鼻炎は鼻粘膜の型アレルギー疾患で、発作性反復性のくしゃみ、水様性鼻汁、鼻閉を3主徴とします。通年性鼻炎、季節性鼻炎、にわけられます。また、アレルギー性鼻炎と症状が大変似ている 血管運動性鼻炎があります。これはアレルギー検査で アレルギーが証明されないものをいいます。

原因

ハウスダスト、ダニが圧倒的に多く、特にペット、カビアレルギーを合併します。

最近は花粉症、特にスギ花粉症の合併も多く、年々低年齢化しており、小学生ではすでに高い感さ率を示しています。

診断

くしゃみ、水様性鼻汁、鼻閉の3主徴をもち、鼻鏡所見、鼻汁好酸球、血清特異的IgE抗体レベルの上昇、誘発テスト陽性であれば確実となります。

季節による花粉の分布時期

スギ:1月上旬から5月中旬まで
ヒノキ:1月下旬から5月まで
イネ科:4月上旬から11月上旬まで
ブタクサ:8月上旬から10月下旬まで
シラカバ:5月

治療

具体的な対策

1 初期療法

反復する花粉抗原暴露による 鼻粘膜過敏性亢進を抑制する目的で、早期から第二世代坑ヒスタミン薬(内服薬)、またはケミカルメデイエーター遊離抑制薬(内服薬・点鼻薬)を使用する方法が推奨され、症状の発現時期を遅らせるばかりではなく、飛散ピーク時期の症状を軽減する効果もあります。

2 導入療法

症状が強くなってから治療を開始する療法で、局所ステロイド薬(点鼻薬)第二世代坑ヒスタミン薬(内服薬)、またはケミカルメデイエーター遊離抑制薬(内服薬・点鼻薬)を併用して治療管理します。

3 維持療法

安定した症状を保つこと。第二世代坑ヒスタミン薬またはケミカルメデイエーター遊離抑制薬を用いて長期管理します。

参考までに…口腔アレルギー症候群

くだもの、野菜などを食べた直後に口腔、咽頭粘膜がひりひりしたり、腫れたり、ひどくなると呼吸困難などの症状を呈します。

花粉症やラテックスアレルギー患者さんに 合併することが多いですが、その背景にはくだもの、野菜と花粉との交差抗原性との関連性が 言われています。

リンゴ、もも、キウイ、メロン、とまと、バナナなどが特定の花粉との関連性が示されていますので、花粉症をもっている患者さんは注意が必要です。

おわりに

近年、アレルギー性鼻炎の罹患率は増大し、低年齢化が進んでいます。鼻咽頭・喉頭・気管支アレルギーと捉えてよく、高率に気管支ぜんそくを合併することが報告されています。それゆえ、全身的な治療の一環として早期に対応して治療していくことが重症化を防ぎます。

*当院では大人の方のアレルギー疾患も診察いたします。 (当院はアレルギー専門医ですので、お気軽にご相談ください)

ページのtopへ移動します
Copyright (C) 2003-2010 Sakamoto Childrens Clinic. All Rights Reserved.