ようこそ!さかもと小児クリニックへ〈 小児科/アレルギー科・tel/045-540-1023 〉

食物アレルギー

食物アレルギーとは、原因食物を摂取した後に 免疫学的機序を介して,生体にとって不利益な症状(皮膚粘膜症状、呼吸器症状、消化器症状、アナフィラキシーなど)が起こる現象を言います。

1945年以降、社会は急速に近代化し始める一方で、公害と同時に、日常生活環境内におけるアレルゲン物質の増加が、アレルギー患者さんを増やしました。

また、近年 食物の欧米化が食材の多様化を生み、食物アレルギーの即時型反応を呈する患者さんが増えています

低年齢児の食物アレルギーによる即時型反応(食物アレルギー児が、原因となる食物を摂取した際すぐに蕁麻疹や呼吸困難などが発症すること)は、その対応や予防策が非常に重要になってきています。

最近の厚生省の報告によれば、原因アレルゲンは卵、牛乳、小麦、そば、えび、ピーナッツ、大豆の順に増えていることが報告されています。

症状

最近の研究では、離乳食や調理する人の手を介して、皮膚からアレルゲンが入り込み、生体に取り込まれているといわれています。原因となる食材を食べることにより、ぜいぜい、蕁麻疹、ショック、下痢、おう吐などがおきます。

診断

1.食物日誌をつけることで 食物と症状の因果関係を知ることが必要です。(当院は食物日誌を使用しております)

2.血液中食物アレルゲンの同定(採血による検査)

3.病歴、検査を参考にし、食物負荷試験を実施後、確定診断となります。

治療

小児は成長過渡期にあるため、適切な食事療法と発育状態の全身管理をすることが必要です。

近年の食物アレルギーの治療方針では、小児は成長過渡期にあるため、アレルギー検査で陽性であってもむやみに除去せず、食物負荷試験で確定診断をしてから実際に食べられるものを工夫して食べていく方向となっています。

よほどの症状(ショック、全身蕁麻疹、呼吸困難、嘔吐など)が出現しない児に限り実際食べさせることで治療していく方針となっています。

重症の患者さんには、エピペン(アナフィラキシー症状が出たときに使用する注射)処方します。

自己流で行うのは危険です。必ずアレルギー専門医の指導の下で行う必要がありますのでご相談ください。

■食物アレルギーの可能性のある方 お困りの方 お気軽にご来院ください■

ページのtopへ移動します
Copyright (C) 2003-2010 Sakamoto Childrens Clinic. All Rights Reserved.